minolta SR-T101

1966年頃に登場したフルマニュアル・メカニカル機。日本初の分割測光機でもある。700g超えでや重たいが、安定性・操作性に定評がある。

    

製造時期:1966年頃

電池:水銀電池(シャッターは電池がなくても切れる)

マウント:SRバヨネットマウント

シャッター速度:B,1~1/1000

使用フィルム:135フィルム

SPEC&DATA

 

 

    

使用者の声

デジペンで遊ぶのに増えたロッコールレンズを活かしたくて購入。電子制御的なところがなく、電池がくれてもフルマニュアルで撮れるところがお気に入りです。

 

  • facebook
  • Twitter Round
  • SoundCloud - Black Circle

Copyright © 2013 photo exhibition PHYSICAL GRAFFITI All rights reserved.