LOMO LC-A/LC-A+

日本のコシナCX‐2を模してロシアのLOMO社が製造したカメラ。

後にウィーンの芸術家や若者を中心にファンクラブが結成され、現在のLomographyに至る。トイカメラファンの間では非常に人気あるカメラである。現在Lomographyから発売されているLC-A+は復刻版であり、オリジナルは生産終了している。スペックもオリジナルと+では若干異なる。

四隅が暗く写る描写(ファンの間では「トンネル効果」と呼ばれる)特徴。

また、Lomographyより様々なアクセサリが発売されており、色んな撮影を楽しむ事ができる。

    

LC-A(LOMO)

製造時期:1984年頃

電池:LR44 3個

レンズ:32mm f/2.8

絞り:手動・オート選択可

シャッター速度:オート

焦点距離:0.8m~∞

多重露光:不可

使用フィルム:135フィルム

LC-A+(Lomography)

製造時期:2006年

電池:LR44 3個

レンズ:32mm f/2.8

絞り:オート

シャッター速度:オート

焦点距離:0.8m~∞

多重露光:可

使用フィルム:135フィルム

 

SPEC&DATA

 

 

  

使用者の声

トイカメラの代表格の一つ。鮮やかでキュートな写り、憧れのカメラでした☆

RUSSIA DAYは、ロシアレンズを採用したスペシャルエディション。持っているだけでワクワクする、何気ない日常を素敵に写してくれるカメラです。

 

みなさん使っているカメラです♪
私の使用しているモデルは日本モデルらしく、枯山水をイメージした模様が入っています。
「シロモちゃん」と勝手に名付けて可愛がっている、私にとって初フィルムカメラです☆
万能カメラでこの写真のようにいつも一緒に旅をしています♪

 

どんな変則的な撮影方法でもこなしてくれる、機能的にとても優秀なトイカメラ。
撮影に行くときは、いつでもすぐに取り出せるような位置で待機しています。

 

  • facebook
  • Twitter Round
  • SoundCloud - Black Circle

Copyright © 2013 photo exhibition PHYSICAL GRAFFITI All rights reserved.