VIVICAM5050

 

Vivitarのロングセラートイデジ。ノーマル,VIVID,セピア,モノクロの4種類のカラーモードがあるが、VIVIDモードの鮮やかな発色が特に人気である。

ホワイトバランスなどの設定を変えることも可能なので、シチュエーションによって色々試してみても面白い。

ギズモショップから販売されているGIZMONレンズシリーズを装着することで、

マクロ撮影や魚眼撮影も可能。

VISTAQUEST社から発売されているVQ5090は、VIVICAM5050のOEM製造品なので、見た目は若干異なるが性能は同じである。

 



 

 

 

  

電池:単四2本

画素数:500万画素

カラーモード:4種

焦点距離:0.5m~∞ 11cm~18cm

メモリ:16MB(内蔵) SD.SDHC使用可

SPEC&DATA

 

 

            

使用者の声

描写は比較的普通なので、使いやすいトイデジかと思います。ただそのビビッドモードの発色を味方につけた時の実力は計り知れない物があります。

 

カメラと会話しながら撮ると驚くほどいい仕事をしてくれる
 

有効画素数 500万画素CMOSセンサー搭載のトイデジカメ。
vividモードで撮ると、びっくりするほどカラフルに写ります。

 

  • facebook
  • Twitter Round
  • SoundCloud - Black Circle

Copyright © 2013 photo exhibition PHYSICAL GRAFFITI All rights reserved.